挑戦してくれたまえ

  • 2016.03.08 Tuesday
  • 09:52



こんにちは。
興味のあること気になること、いろいろ実際にやってみよう!
工作で遊べるお店ゆずねこ堂です。

ワクワクする段ボール

大きな段ボールが手に入ると妙にうれしくなるのは我が家だけでしょうか?


1月
--------------

収納ケースを買ったので私も狙っていたのですが、内側に大きく名まえを書かれ、息子に取られました。
かくれんぼをしたり、入ったまま転がったり。
ここで寝る、と段ボールで寝たりそのまま楽しんでいました。

2月
--------------

段ボールハウスを作りたい。そう言い出して、完成想像図を聞いてみると。。。

2階建て。

それは無理でしょう。
ってことで話し合いの結果、ロフトベッドの下を段ボールで覆い秘密基地風にしました。
ドアや窓もつくり、友達が来てくれてときは大盛り上がりで楽しそうでした。

そんな段ボール工作で盛り上がっている中、「家をせおって歩く」という本を知りました。
なんてタイムリーな!見せたら、作るっていうだろうな〜と早速、購入して見せると意外にも作らない、と。
秘密基地で満足なのか、とちょっと残念が気分でしたが。


3月
--------------
なんども本を見てるうちにやっぱり作りたくなったようで、2日かかって一人で黙々と作業してました。
カッターで手を切ったり、思うようにいかなかったり、宿題やらなかったり、学校の用意もしなかったり。
習い事の練習もせず。

段ボールハウス

ま、でも形はできたようで、寝るところまで辿りつきました。

どんな夢をみたのか、寝心地はどうだったのか、聞いてませんが。
(やるべきことをやっていないので母としてはプンプンです。)
あとは公園まで歩いて行ってみたいらしい。


君の施工具合では、数メートル歩いただけで崩れ、公園まで辿りつけないな。
現実はそう甘くない。上手くいかなくて、すごーく、機嫌が悪くなるんだろうなぁ。

実践して気付け。がんばれ小学生!!


はぁ、私も作りたーい。
子どもに内緒にしてあるけど、実は店に大きな段ボールが貯めてあるんだ。ふふ。
秋にまたお祭りしたいなーと思ってるので、大きな落書きハウス作っちゃおうかな。


さてさて、「家をせおって歩く」って本ですが。
とても面白いです。
この本を読んで、たくさんの子どもが段ボールで家を作ってるみたいですね。

たくさんのふしぎの3月号
「家をせおって歩く」
著:村上 慧
ブログ: http://satoshimurakami.net/about/

家をせおって歩く


たくさんのふしぎシリーズは結構面白くて、図書館で借りたりしてました。
小学校3年生くらいが対象ですが、年長さんくらいから親と一緒に楽しめますよ。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

記事をさがす




カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


最近みた記事



カテゴリー





Milu Fleurs、ミルフルール、イラスト、アクセサリー
ロイスト、ビジューアクセサリー、ピアス、イヤリング
みかんせい、革小物、財布、パスケース
もくこもの、木の雑貨、ハンドメイド
過去作品集、ゆずねこ堂の雰囲気

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

プロフィール


点主の後藤です

過去記事一覧

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM